ROS ワークショップ中級・自律移動編

開催内容

    • 趣旨: ROSの自律移動機能の習得を目的とします。自律移動とは、現在地から目的地まで人の操作なしでロボットが自動で到達する機能で、移動ロボットや自動運転車の根幹をなすものです。自律移動をサポートする豊富な機能とパッケージは、ROSを使用する大きなメリットの一つとなっています。
    • 概要:ワークショップでは、まずシミュレータを動かしながら自律移動の概要を学ぶハンズオンを行います。次に、掃除ロボットRoomba(ルンバ)とラズベリーパイ(Raspberry Pi)、低価格なレーザセンサRPLIDARで構成された自律移動ロボット”Roomblock”を用いて、実機の操作、地図の生成、自己位置推定といった自律移動の機能とプログラミング方法を学びます。最後に、ROSの自律移動の構成とその要素について、より詳しく解説していきます。シミュレータと実機を用いた実践的なワークショップとなっています。

  • 名称:ROS ワークショップ中級・自律移動編
  • 主催:(社)東京オープンソースロボティクス協会
  • 日時:13:30-18:00
  • 場所:未定
  • 費用:未定
  • お申込: メイルにてお問い合わせ下さい.
  • 対象:
    • ROS ワークショップ初級編を受講済み,もしくは同等の知識をお持ちの方
    • ROS を使ってオリジナルの自律移動ロボットを作成しプログラミングしたい方
    • 既存の移動ロボットをROS対応するために必要な手順・知識を獲得したい方(ドライバ・コントローラの作成は含みません)
  • カリキュラム:
    • シミュレータの起動と操作方法、指令値、目的地のプログラムでの与え方
    • 車輪移動ロボット実機による地図生成、自律移動
    • ROSの自律移動機能の構成と解説
ROSの自律移動システムの構成

ROSの自律移動システムの構成

  • ご持参頂きたいもの:
    • 以下条件を満たすコンピュータをご持参いただくと,実際にプログラミングを体験していたくことが可能です
      • Intel i5 以上,4G以上のメモリ,7G 以上の空ディクス容量,ネットワーク接続
      • ハンズオン講習は Ubuntu 14.04/ROS Indigo 環境で行います (Ubuntu 14以前,また Hydro 等ほかの ROS distro は対象外).
      • OS の root 権限が必須です.
      • ご持参いただくコンピュータが Windows, Mac 等 Ubuntu でない方にはハンズオン講習可能な LiveUSB を提供します.
      • 仮想環境でのご参加は,実績はありますが環境により差異があり,お薦めできません
      • Proxy 等,社内/校内用の設定はトラブルの原因となります.ご来場前に解除した上でそれでもインターネットに接続できることを確認下さるようお願いします.
    • 2名で1台のロボットを共有される場合など,複数人で1台のコンピュータを使う “ペアプログラミング” して頂くとより良い学びの機会となりますので御推奨します.
    • このページに従い事前に必要ソフトのダウンロード・環境構築をして頂けます
  • お支払いに関する注意事項
    • [申込をキャンセルされる場合] 開催3営業日前以降,お客様の御都合による参加キャンセルはキャンセル料を頂戴します:3日前・2日前:30%,前日:50%,当日:100%
    • [申込後にお振込みが確認できない場合] 開催4営業日前に入金未確認のご連絡を E-mail で差上げます.24時間以内に何らかの返信を頂けない場合,上述のキャンセルポリシーを適用させて頂くことがあります.
    • [ワークショップ開催キャンセルについて] 事前参加申し込み者数が一定数に満たない場合,開催3営業日前18:00に開催可否を決定します.
      • 既に申し込んで頂いている方には,キャンセルの場合は申込者様に E-mail でご連絡します.参加料金は,同種ワークショップの次回開催日が決まっている場合,そちらへの振替えが可能です.振替希望されない場合,全額返金します.
  • その他:
    • 御社指定の場所に伺うプライベートワークショップも承りますので、是非ご相談ください。
  • お問い合わせ:info[a t]opensource-robotics.tokyo.jp